ブログ一覧


観葉植物には紫外線を与えるべき?植物を室内で育てる方法とは

観葉植物 本

観葉植物に紫外線を与えることの重要性

この記事を読むための時間:3分

葉緑体を持つ観葉植物を育てるには、太陽の光を当てることが最も重要になります。太陽の光は、植物にとって大切なエネルギーになるため、当て方なども工夫が必要です。そんな観葉植物に当てる紫外線(太陽光)とは、どのような効果があり、また当てる時にどんな工夫を行うことがポイントなのでしょうか。観葉植物に紫外線を当てる時の注意点や日光浴方法のコツについてご紹介していきましょう。

紫外線がもたらす植物への効果とは

紫外線は、植物へどんな効果をもたらすのでしょうか。植物にとって、紫外線の必要性についてご案内しましょう。

光エネルギーを使った栄養づくり

観葉植物にとって紫外線は、栄養を作るための大切なエネルギーになります。葉緑体を持っている観葉植物は、太陽からの光をエネルギーに変えるために光合成を行います。光合成は、水を分解して水素にすることやブドウ等を作り出すなど、紫外線をエネルギーに変えることでさまざまなことが行えるようになります。

酸素を作り出して地球環境の保護にも

光合成の役割の中には、酸素を作り出すという大きな役割もあります。酸素は、私たち人間が生きていく上で欠かすことのできないものであり、植物がなくては私たち人間は生きていくことができません。また植物が光合成を行う時、二酸化炭素を吸収して、酸素などに作り替えます。二酸化炭素を減らすことは地球温暖化にも重要なので、植物は存在だけで地球環境の保護になります。

観葉植物にも紫外線を当てる時の注意点がある?

紫外線を必要とする観葉植物の中にも、当てる際に気をつけたいポイントがあります。紫外線の特徴から注意すべき点についてご紹介しましょう。

長時間の日光浴を行うと植物も枯れる?!

紫外線を浴びることで光合成などを行う観葉植物ですが、長時間の日光浴を行うと葉先から枯れてしまうことがあります。植物にとって太陽の光は、エネルギー源として大変重要なものでありますが、当たりすぎることでエネルギーを得る構成にダメージを与えてこともあります。葉っぱが日焼けしている場合には、ダメージを受け過ぎている可能性があります。

冬場は急な気温の変化に注意!

観葉植物は寒さに弱いことから、冬場の日光浴に注意が必要です。冬場の日光浴は、10:00〜14:00がベストな時間と言われています。この時間を過ぎると急に冷え込むことがありますので、14:00頃にはなるべく家の中にしまうようにしましょう。そのまま放置すると1日で枯れてしまうこともありますので、要注意です。

観葉植物の中には直射日光を苦手とするものも

観葉植物の中には、直射日光を苦手とする種類の植物もあります。直射日光が苦手な場合には、レースのカーテンを閉めた上で室内でかるい日光浴をさせるのもおすすめです。直接太陽の光が当たりすぎないよう工夫を凝らしながら日の光を当てるようにしましょう。

室内に観葉植物を置く時のポイント

紫外線による観葉植物への影響をチェックしたところで、室内に観葉植物を置く時のポイントをお伝えしましょう。

室内では直射日光にならないところに設置

観葉植物を家の中に置く場合、必ず直射日光が当たらないところに置くようにしましょう。窓際に置くと時間帯によって部分的に当たる場合があります。部分的に当たると日焼けの原因になり、観賞用として不恰好になってしまうことがありますので、必ず当たらないところを探して配置させましょう。

エアコンの当たらないところに設置

植物は、エアコンの風にも非常に弱いことで知られています。観葉植物だけでく切り花などもエアコンの風に弱いため、枯れるスピードを上げる可能性があります直射日光と共にエアコンが当たらない場所への配置も頭に入れながら設置するようにしましょう。

ガラス用UVカットフィルムを使用して紫外線カット

場所的にどうしても外からの日光が当たる場所に配置する場合は、窓ガラス専用のUVカットフィルムを使用するのもおすすめですUVカットフィルムは、99%の紫外線をカットするシートです。観葉植物以外にインテリア雑貨などの日焼け防止にも繋がるので、ぜひ取り入れてみて下さい。

適度な紫外線カットで観葉植物が過ごしやすい室内に

太陽光は、葉緑体を含む植物にとって大切なエネルギー源になります。植物に火の光を当てるときは、紫外線が持つ影響等を考慮しながら適度な対策を行うことをおすすめします。紫外線による影響を抑えながら観葉植物が過ごしやすい室内づくりを心がけましょう。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.