ブログ一覧


洋服も日焼けをする?衣類の紫外線防止対策と日焼けの原因を知ろう

丘 洋服

洋服も日焼けをするってホント?

この記事を読むための時間:3分

紫外線によるダメージは、肌の日焼けやシミ・そばかすを引き起こすことで知られています。しかし紫外線は、肌だけでなく洋服の繊維にもダメージを与え、洋服の日焼けも起こしていることをご存知ですか?紫外線は、なぜ人体だけでなく洋服にも影響を及ぼすのでしょうか。紫外線と洋服の関係性やその他色あせの原因、また洋服の日焼けを防ぐ方法についてご紹介しますので、ぜひチェックしてみて下さい。

洋服が日焼けを起こす原因とは

紫外線による洋服の日焼けは、どのような原因で引き起こすのでしょうか。紫外線の特徴をお話ししながら、日焼けを起こす理由について説明します。

素材や染料による化学変化によって起こる

洋服の日焼けの原因は、素材や染料による化学変化によって起こると言われています。素材や染料は、紫外線を浴びることで化学変化を起こしていき、その過程で色褪せや変色を起こしてしまいます。また、使用している素材や染料によって変化の仕方も異なりますので、保管方法に注意が必要です。

蛍光灯による影響も

色褪せや変色は、太陽光だけでなく紫外線を含む蛍光灯によって影響が出ることもあります。太陽の光を避けておいたものの、いつのまにか変色を起こしている場合は、蛍光灯の紫外線で化学変化を起こしている可能性もあります。室内でも蛍光灯を設置している場合には、必ずクローゼットに仕舞うようにしましょう。

洋服の色あせは日焼け以外の影響も!

洋服の日焼けや色あせは、紫外線以外にどんな原因があるのでしょうか。紫外線以外で起こす色あせの原因についても合わせてお話しましょう。

衣類に付着した汗との化学変化

日焼けや色あせは、衣類に付着した汗と化学変化を起こすこともあります。汗には、水分の他に塩化ナトリウムや尿素などさまざまな成分が含まれています。シャツ類の襟や脇の汗染みは、まさにこれらの成分と紫外線が化学変化が起こしたことで変化しています。

防虫剤の間違った使い方

防虫剤の間違った使い方でも、衣類の変色や色あせを起こす可能性があります。防虫剤は、含まれる成分を気化することで虫を撃退します。しかし複数の防虫剤を使用すると発したガス同士が化学反応を起こしてしまい、結果的に衣類にダメージを与えてしまう恐れがあります。

洗浄力の強い洗剤による場合も

洋服の色あせは、洗浄力の強い洗剤の使用で起こすことも考えられます。洗浄力が強すぎると染料なども一緒に落としてしまうことがあります。また染料の濃いものは、洗濯時に他の衣類を染めてしまうことがあるので注意が必要です。

洋服の日焼けを防ぐ方法とは?

洋服の日焼けを防ぐには、どんな方法が適しているのでしょうか。日焼けや色あせが起きる要因からそれぞれの対策法をお伝えします。

日光の当たるところに洋服を吊るさない

洋服の日焼けを防ぐには、まず日光の当たるところに洋服を吊るさないことが大切です。窓際に吊るしてしまうと部分的な変色・色あせを起こすことがありますので、十分に気をつけましょう。洋服を干す場合には、裏返して干すなどの工夫も必要です。

蛍光灯が当たるところに長時間置かない

紫外線は、蛍光灯にも含まれていることから、部屋の中に長時間置いておくのも変色・色あせの原因になります。部屋の電気に蛍光灯をお使いの場合は、長時間の衣類放置も注意が必要です。

窓に紫外線予防フィルムを貼るのもおすすめ

紫外線を予防するには、窓ガラスにUVカットフィルムを貼り付けるのもおすすめです。フィルムは、紫外線を99%抑えてくれるため、日差しを気にせず吊るすことができます

日焼け防止カバーを利用しよう

洋服の日焼けをできるだけ抑えたいという場合には、ひとつひとつに日焼け防止カバーをかけるのもおすすめの紫外線対策になります。用途に合わせて使用してみると良いでしょう。

これでOK!紫外線対策をして洋服を日焼けからガード

紫外線対策は、肌だけでなく洋服の色あせ防止のためにも、日頃からのメンテナンスやケアを取り入れて行う必要があります。また、紫外線以外で色あせしてしまう原因もお伝えしましたので、ぜひこちらを参考に洋服の日焼けを予防しましょう。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.