ブログ一覧


防犯フィルムの施工は経験が全て

さらなる高みを目指して技術研修!

 

触発と技術を得られる

 

先日、当社が加盟する「(株)ECOP」主催の技術研修を受けてきました。

主に防犯フィルムの施工技術向上が目的なのですが、それ以外にも普段から気になることをなんでも聞けて教えてもらえる研修です。

 

とりわけ防犯フィルムは材料の切り出しからガラス面への貼り付けに至るまで、全行程の難易度がとっても高いフィルムなので、経験が圧倒的に豊富な先輩職人の方々に技術を教えていただけることはとてもありがたいことです。

 

普段は職人の世界なので現場で教えてもらうことなんてまずありませんし、たいてい一人で施工をしているので高い技術に触れることが大きな触発になります。

 

知り合いからは「参加しなくてもいいじゃないですか?」と言われましたが、とんでもない!

自分の技術を「これで十分」と思ったことは一度もありませんし、もっと技術を身に着けたいと心底思います。

 

素人がDIYでできない!

 

さて、防犯フィルムは本当に施工が難しいです。

動画投稿サイトやネット上では「素人でもできる!」「DIYで簡単防犯」なんてタイトルで、防犯フィルムの貼り付けをいとも簡単にしているように紹介していますが、まず素人じゃ貼れません。

断言できます。

まず厚みが下敷き程もありますから、材料をカットすらできません。

貼り付けるための道具も揃えられないですし、万が一揃えられても使いこなせません。

窓ガラスにフィルムを乗せることも難しく、空気がいたるところに残ってしまって、フィルムも傷つけてしまって・・・結局プロに依頼することに、という流れでご依頼をよく受けます。

 

なぜそのような情報が出回っているかというと、情報の発信者がフィルムを販売したい目的があったり、または広告を見せたいがために「簡単」をアピールしているからです。

中にはフィルムの施工業者がそれらの情報を発信している例もみられます。

 

プロのフィルム職人だから動画では簡単に貼っているように見えますが、それにだまされてはいけません。

空気を残さない、サイズをぴたりと合わせる、位置を調整する、美観を整える、どれにも技術が必要です。

技術を獲得するためには地道な練習と現場での経験が必要なので、依頼をするときは防犯フィルムの施工実績がある業者を選んでください。

 

今回の技術研修を受けて、改めて防犯フィルムは施工が難しいフィルムだと感じましたし、改めてお客様が求められる期待にしっかりと答えたいとも思いました。

 

ちなみ私は国家資格「ガラス用フィルム施工技能士」「防犯フィルム施工技能士」の資格を持っておりますので、防犯フィルムについての効果や施工、料金など疑問がありましたら遠慮なくお問い合わせくださいませ!

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.