ブログ一覧


窓ガラスフィルムの基礎知識

「基本性能+アルファ」でご希望に合わせて選べます

 

フィルムの特徴をシンプルにご紹介

こんにちは(^o^)窓ガラスフィルムHarumadoの平井と申します。

福岡や佐賀を中心に、ご依頼があればどこまでフィルムを貼りに行く、旅好きのフィルム技能士です。

旅好きの原点は毎年のように「青春18切符」を使って楽しんでいたゆっくり電車旅です。

子供が産まれてからはなかなかできていませんが、そのうち家族でできるといいなあ~なんて考えてます。

 

 

おっと!余談から始まってしまいましたが、この記事では窓ガラスフィルムの基礎的なことを簡単にシンプルにお伝えしようと思います。

さーっと3分くらいで読める量なので、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね(^^)

 

細かなご要望に対応できます

あなた様がガラスフィルムが気になった理由はなんでしょうか?

目隠し、UVカット、暑さをなんとかしたい・・・。

いろいろあると思いますが、弊社のお客様でフィルム施工の目的(動機)をまとめるとこんなランキングになります。

 

人気のガラスフィルムランキングHarumado

 

このように千差万別のご要望にきめ細かく対応できるのは、ガラスフィルムが全種類共通の「基本性能」と、細分化された「プラスαの性能」で構成されているからです。

 

窓ガラスフィルムの基礎知識Harumado

 

 

基本性能

飛散防止

福岡の飛散防止フィルムHarumado

台風などの物当たりや地震時の揺れによる割れたガラスの飛び散りを防ぎ、怪我を予防します。また足元に危険なガラス破片が散らないので、避難経路の確保にも役立ちます。

 

UV99%カット

店舗の日焼け対策ならHarumadoのUVカットフィルム

室内の紫外線はほぼ100%がガラスから入ってきます。適量を超えて浴びすぎると色素沈着や日焼けとなるだけでなく、床・壁・カーテン・ソファーなどの家具の色あせ・劣化の原因となります。ガラスにフィルムを貼ることで99%もの紫外線をカットするので、空間単位の対策が簡単にできます

 

プラスαの性能

この基本性能をベースに、下記のプラスαの性能を選べます。

 

防災

福岡の台風対策フィルムはHarumadoへ

飛散防止性能を強化し、厚みを倍以上にした製品が防災フィルムです。厚みが50μmの飛散防止に対し、防災フィルムは100μm、200μm、350μm、400μm以上とあり、厚くなるほど「台風で飛んでくる瓦を跳ね返す」強さになります。

 

防犯

福岡の防犯フィルムはHarumadoへ

350μmの以上の厚みがあり、規定の検査をクリアしたものだけが防犯フィルムとして製品化されています。国土交通省や警察庁が目録としているCPマークを貼ることができ、物理的な侵入の難しさとCPマークによる高い抑止効果があります。

 

目隠し

ミラータイプ目隠しフィルムビフォーアフター Harumado 福岡市

外からは室内が見えず、室内からは外が見えるようなミラーフィルムや、内外ともに見えなくなるすりガラスフィルム、段々と見え方が変わるグラデーションフィルムがあります。

 

高領域UVカット

福岡のUVカットフィルムはHarumadoへ

基本性能であるUVカットの領域(300㎚~380㎚)よりも、広い領域で紫外線をカットできるフィルムです。その領域は280㎚~400㎚で、SPF50+やPA++++などの、高性能の日焼け止めクリームと同じ効果があります。

 

暑さ対策(遮熱)

福岡の遮熱フィルムはHarumadoへ

暑さの原因は目に見えない赤外線と目に見える明るさです。遮熱フィルムは体感温度を6℃も変えることができ、徹底的に暑さをカットする濃色ミラータイプや、明るさをキープする無色透明タイプ、中間タイプなどがあります。

 

寒さ対策(断熱)

窓ガラスに暖気があたって冷えることを防ぎます。性能をあらわす熱還流率は4.5で、この数値が0に近くなるほど性能が高くなります。ペアガラスだと3.5~1.0付近のものがありますので、寒さ対策の場合はペアガラスへのリフォームもご検討下さい。

 

その他

防虫・デザイン・反射低減・カスタム印刷・映像投影など、実に多くの性能があります。

 

ガラスフィルムの貼り方

どんな窓にも貼れます

どんなガラスにもフィルムは貼れます Harumado

基本的に貼れない窓ガラスはなく、どんな窓でも貼れます。凹凸のあるガラスにも専用のフィルムがありますし、近年の主流となっているLow-e複層(ペア)ガラスや網入りもOK!遮熱フィルムは事前に熱割れリスクを数値化して判定できます。非ガラス(サンルーム等)にも貼れますよ(^^)

 

基本は室内側に貼りつけ

福岡の台風対策フィルム(飛散防止)施工実績画像

 

●水貼り

フィルムを貼るの基本的に室内側で、水を使って空気を押し出しながら貼ります。腕のいい職人が貼ると空気も水も残らずきれいな仕上がりです。

 

●剥がれ防止

ガラスをサッシに固定するために端側にゴム材が使われています。このゴム材にフィルムが当たると剥がれる原因となるので、ゴム材から僅かに隙間(1~3㎜程)を空けて貼ります。目隠し系のフィルムだと1㎜以下に抑えて貼ることもあります。

 

●ほこり除去

フィルムの貼り付けは窓周辺を養生しガラス面をキレイに清掃するところから作業が始まりますが、空間に漂うほこりの混入を100%防ぐことはできません。もちろんほこりが入りにくい貼り方をしますので仕上がりはとても綺麗ですが、人の目で気にならないほどの微細なものは除去が難しいこともあります。

 

国家資格

この職業には「ガラスフィルム施工技能士」といわれる国家資格があります。フィルムの知識や貼り方だけでなく、ガラス、太陽光、建築物、図面、関連法令、安全管理など、幅広い知識と現場経験が求められます。入門編の2級と実用編の1級があり、1級は全国各地の公共施設やゼネコン現場では必須となりつつある資格です。

 

耐用年数約10年!

経年劣化のサイン

窓ガラスフィルムの劣化

ガラスフィルムは室内貼りで10年ほどの耐久です。一般的な家電が長くて7年ほどなので、フィルムは耐久性が長いと言えます。

劣化してくると白い斑点が薄っすらと見えたり、全体的にぼやーっと波打って見えるなど、見た目の変化がでてくると貼り替えの目安です。

 

剥離作業はプロに依頼を

費用が掛かるので自分剥がそう・・・、ちょっとまった!どのフィルムにも飛散防止性能があるのでガラス面にかなり強く接着しており、剥がすには技術と体力が必要です。プロは安全に剥がせますがDIYではガラスを割ることもあり危険。剥離作業はためらわずプロにご依頼ください。

 

ここまでガラスフィルムの基礎知識として簡単にまとめましたが、いかがでしたか?

少しでも関心がありましたら、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ(^o^)

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Harumadoーはるまどー. All rights Reserved.