ブログ一覧


暗くならない「明るい目隠しフィルム」の施工実例と費用をご案内

見え方と明るさが選べる豊富な目隠しフィルムをご紹介!

 

国家資格1級ガラスフィルム施工技能士

Harumado 平井 喬

2022年3月22日更新

この記事を読むための時間:5分

窓ガラス目隠しフィルム見え方

 

1.目隠しすると室内が暗くなる?

「隣のお家から室内が丸見えで・・・」

「歩道が近くて視線を感じる」

「リモートワークで外から見られると困る」

 

お家の窓を目隠ししようと思った時、調べてみると「目隠しフィルム」がずらーっと出てきます。

 

でもフィルムを貼ると・・・

 

暗くならない目隠しフィルムはHarumado

 

と、心配になりますよね。

 

お客様から寄せられるご相談で最も多いものが「目隠しできて明るいままがいい」という内容。

 

そのため弊社では明るさを選べるフィルムをたくさん揃えています(^^)

 

だから、目隠しフィルムを貼っても室内は

 

室内が明るい目隠しフィルムはHarumado

 

と、自信をもって声を大にして言えます。

 

実際にフィルムを貼られたお客様は「前の窓と透明感が変わらない」とか「思った以上に明るい」など仰られます。

 

しかし、そうは言っても実際にフィルムを見ないことには分かりにくい!

 

ということで、この記事では目隠しフィルムの見た目と選び方を施工実例をもとにお伝えしたいと思います。

 

2.見た目で比べよう!

目隠しフィルムは大きく分けると3種類あります。

 

福岡の目隠しフィルムはHarumado

 

福岡の目隠しフィルムはHarumado

 

福岡の目隠しフィルムはHarumado

 

ミラータイプ施工実例

ミラータイプ目隠しフィルムビフォーアフター Harumado 福岡市

室内の様子が全く見えなくなりました。目を凝らすと窓際のレースカーテンが薄っすらと見えますが、反射する風景が目立つ仕上がりです。

 

ミラータイプ目隠しフィルムビフォーアフター Harumado 福岡市

見た目にフィルムを貼っていることが分からないくらい自然な仕上がりです。

 

ミラータイプ目隠しフィルムビフォーアフター Harumado 福岡市

丸見えだった室内がなにも見えなくなりました。レースカーテンが薄っすらも見えないくらい、徹底的な目隠しです。

 

ミラータイプ目隠しフィルムビフォーアフター Harumado 福岡市

色が濃いミラーフィルムは、室内の様子が少し反射して見えます。しかしながら外の様子はよく見えて、外からの見た目は完全な「鏡」です。

 

*ご注意

ミラーフィルムは夜になると室内外の見え方が逆転し、外から室内が見えて室内側は鏡のようになります。そのため夜はカーテン等を閉めて目隠しをして下さい。

 

すりガラス調施工実例

福岡の目隠しフィルムHarumado すりガラスタイプ  

目線は気にならないくらいにさりげなく目隠し。

 

福岡の目隠しフィルムHarumado すりガラスタイプ  

ぼやーっと建物の輪郭が見える程度に目隠し。

 

福岡の目隠しフィルムHarumado すりガラスタイプ  

至近距離の駐車場の様子が全く感じられないほどしっかりとした目隠し。

 

グラデーション施工実例

福岡の目隠しフィルムはHarumado グラデーション

濃度の変化はドッドで表現されていて、お好みに合わせてドッドの柄(丸・線・菱形等)を選ぶことができます。

大きな窓で100%の濃度を延長したい場合は同じ色のすりガラスフィルムで延長可能です。

 

3.費用

フィルムの施工料金の計算はとてもシンプルです。

 

窓ガラスフィルムの料金の出し方

*諸経費・・・交通費やフィルム送料などの実費分

 

【例】

窓ガラスフィルムの見積もり計算方法

このような引違の掃き出し窓だとフィルムの使用面積は

横75㎝×縦200㎝×2枚=3㎡

 

ミラータイプフィルムだと単価は13,200円(㎡)なので

3㎡×13,200円=39,600円

 

施工先が福岡市中央区だと諸経費は高くて4,400円なので

39,600円+4,400円=合計44,000円

 

最低施工面積は5㎡以上です。

*5㎡以下は基本工事代金別途22,000円

 

【フィルム単価一覧】

■スリーエム

■GLAFIL

 

 

4.似て非なる「目隠しっぽい」フィルム

車みたいに暗くならない目隠しフィルム

「あれ?車のスモークフィルムも目隠しフィルム?」とお気づきでしたらとてもするどい!スモークフィルムは室内を暗くすることで一定の見えにくさがありますが、ミラーフィルムのように風景を反射せず、すりガラスフィルムのように濃度100%ではないため、室内は外からみえます。そのため目隠しではなく装飾目的の使われ方が多いです。

 

5.現地調査とサンプルで見た目を確認

ここまで長々と目隠しフィルムのことを説明してきましたが、参考になりましたでしょうか?

 

目隠しフィルムを選ぶポイントは「見た目」と「明るさ」です。

弊社では事前の現地調査で実物サンプルを持参し、目隠しフィルムご確認いただくようにしております。

その時に総額料金をお示します。

 

お客様がご納得の上で施工に入りますので、ご不明な点はどんなことでも遠慮なくお申し付けくださいませ(^o^)

 

現地調査のお申し込みはこちら↓

窓ガラス目隠しフィルムなら国家資格1級のHarumado

 

詳しくは↓

無料現地調査ってどんなことするの?

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Harumadoーはるまどー. All rights Reserved.