ブログ一覧


踏んだら危険!子供がガラスを踏まないための予防や応急処置とは

ガラス 破片

子供がガラスを踏んだ時に行うべきの行動とは?

この記事を読むための時間:3分

子供が誤ってガラスを踏んだ時、慌ててしまう方も多いのではないでしょうか。ガラスは、一歩間違えると大惨事になるというイメージから、すぐに病院へ連れて行くという判断をすることが多いでしょう。しかし子供がガラスで怪我をしてしまった場合、まず先に行うべき行動があります。ガラスを踏んだ時に行うべき行動を順にお伝えします。また、ガラスを割らないための行いたい3つのポイントについても合わせてご案内しましょう。

子供がガラスを踏んだ時の対処法

子供がガラスを踏んだ時、どんな対処を行うことが大切なのでしょうか。まずはじめに行いたい行動からご案内していきましょう。

流水できれいに洗って傷口をチェック

子供がガラスを踏んだ時、慌てずにまずは流水できれいに洗って傷口をチェックすることから行いましょう。傷口にガラスが付いているか、また刺さっていないかを確認するために必ず流水で傷口を確認することが大切です。ガラスが付着しているかどうかで、その後の対応が変わりますので、落ち着いて確認することから始めましょう。

踏んだガラスの破片が刺さっている場合 

ガラスがたくさん刺さっている場合、触らずに病院に連れて行きましょう。無理矢理ガラスの破片を取ろうとすると、傷口に細かい破片が残ってしまう可能性があります。表面にあるガラスの破片は、取れる範囲でピンセットなどでとっておくのも良いでしょう。奥まで刺さっている場合には、絶対に動かしたり触ったりせず、専門家に見てもらうことをおすすめします。

踏んだガラスの破片が刺さっていない場合

ガラスが刺さっていない場合には、転んだ時などと同じように止血と消毒を行い、キレイなガーゼなどで傷口を覆っておきましょう。止血しても止まらない場合には、患部を心臓より高い位置に上げ、動脈を抑えるようにします。それでも止まらない場合には、お近くの病院で受診してもらうようにしましょう。

ガラスを踏んだら何科にかかる?

ガラスを踏んだ時、何科にかかれば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。ガラスを踏んだ場合、基本的には外科や皮膚科にかかることをおすすめします。

割れたガラスの片付け方とは?

割れてしまったガラスを片付ける前に、ご自身の足元からチェックしていきましょう。ガラスは、割れてしまうと広範囲に散乱することがあります。必ず厚手のスリッパ、または靴を履いて片付けしょう。また手元は、軍手などをはめて破片を絶対に触らないよう気をつけましょう。準備ができたら、まずは段ボールなど大きな破片から入れていきます。ある程度取れたら、ほうきなどを利用してまとめていきましょう。掃除機などを利用する方もいますが、掃除機の場合、ガラスの破片で掃除機内の故障を起こすことがあるので、出来るだけ掃除機の使用は避けましょう。

ガラスを割らないための行いたい3つのこと

ガラスは、大人でも誤って踏んでしまうことがあります。そんなガラスで怪我をしないためのポイントをご紹介しましょう。

窓ガラスに防犯フィルムを貼る

窓ガラスを割らないためには、まず防犯フィルムを貼るところから始めましょう。防犯フィルムは、空き巣の被害などから守るために作られていますので、強度が強く割れにくい特徴があります。また飛散防止仕様なのでガラスが飛び散りませんので、仮に割れた後も踏む心配が少ないのもポイントです。

亀裂が入っているものは早めに修理

窓や食器など、亀裂が入っているものは早めに修理するか処分するようにしましょう。割れて大惨事になる前に亀裂部分をしっかりメンテナンスすることも被害を抑えるために必要な手段と言えます。

ガラス製品のものを極力減らす

小さな子供がいる家庭の場合、できるだけガラス製品を減らしておくのも良いでしょう。テーブルなどをガラス素材のものにしている方もいらっしゃいますが、子供が小さいうちは仕舞っておくなど、子供の周りにできるだけガラス製品を置かないことも重要なポイントになります。

子供がガラスで怪我をする前に予防策の徹底を!

ガラスによる怪我は、踏んだ時だけでなく、さまざまなシーンで起こりうる怪我です。また子供だけに限らず、大人も怪我をしやすいので注意が必要です。こちらでは、子供がガラスを踏んだ時の対処法と共に予防策もご案内しましたので、ぜひここちらも併せてチェックして、未然に怪我を防ぎましょう。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.