ブログ一覧


遮熱と断熱の違いとは?快適な住まい空間の作り方とポイントとは

リビング

「遮熱」と「断熱」にはどんな違いがあるの?

この記事を読むための時間:3分

快適な住まいづくりを行うために必要な「遮熱」と「断熱」には、どのような違いがあるか知っていますか?どちらも一度は耳にしたことがありながらも実はその区別がつかないという方も多いのではないでしょうか。遮熱・断熱、それぞれの意味を解説しながら住まいに合わせた選び方のポイントについてご紹介しますまた遮熱・断熱を取り入れることのメリットや家を建てた後でも快適性を上げることができるフィルムについてもご案内していきましょう。

遮熱・断熱のそれぞれの意味って?

遮熱・断熱とは、それぞれどんな意味を持っているのでしょうか。使い方や取り入れることでの効果についてお話しましょう。

遮熱とは

「遮熱」とは、熱を遮る(さえぎる)という意味からくる言葉で、光を反射させることで温度の上昇を防ぐことを表しています。住まいづくりをする時などに用いることが多く、暑い夏を乗り切りきるために必要な要素と言えます。

遮熱の使い方って?

遮熱の使い方は、窓や壁、屋根などに用いることが多く、遮熱リフォームを行うことができます。日差しが強い地域や冬場あまり温度が下がらない地域では、遮熱を用いたリフォームを行うと良いでしょう。

遮熱の効果は?

遮熱の効果は、熱を遮ることから部屋の中の温度が上がらないように防いでくれるや役割があります。日差しの強い夏の時期は、直射日光が入ることで部屋の中が暑くなります。遮熱の効果を用いることで、温度の上昇が穏やかになり、エアコンなどの温度も下げすぎないで済みます。

断熱とは

「断熱」とは、熱を断つ(たつ)という意味からくる言葉で、熱を伝わりにくくすることを表しています。熱を断つということは、魔法瓶のように熱を籠らせる役割も考えられます。

断熱の使い方って?

断熱は熱を伝わりにくくすること、すなわち熱を外に逃がさないようにするための使い方ができると言えます。寒い時期、部屋の中を温めても断熱要素が少ないと外に暖かい空気が逃げてしまい、なかなか部屋が暖まりません。断熱素材の壁などにすることで、部屋を暖かく保ちます。

断熱の効果は?

断熱は、保温効果があると認識しておくと良いでしょう寒い季節は、断熱の保温効果によって暖かく快適な暮らしが望めます。雪深い地域や寒さが厳しい地域などでは、断熱に特化した住まいづくりが大切です。

遮熱と断熱の選び方のポイントとは?

遮熱と断熱、どちらを選ぶべきか悩む方も多いでしょう。まずは、地域の特徴(気温・地形)をしっかり把握しておくことが大切です。また、家の素材(木材・鉄筋・コンクリート)を確認することも必要です。それぞれを考慮して選ぶと快適な暮らしに近づくことができるでしょう。

遮熱・断熱の住まいのメリットって?

遮熱・断熱を取り入れるということは、住まいにとってどんなメリットがあるのでしょうか。また後からでもカスタムできる遮熱・断熱フィルムの使い方もご紹介します。

住まいの快適性アップ

住まいに遮熱・断熱の要素を入れるということは、住まいの快適性が一気にアップします。外観や部屋の作りをこだわるだけでなく、過ごしやすさも重視することでいつまでも住み続けたくなる家になるでしょう。

省エネにもつながる

遮熱・断熱は、季節ごとのエアコンの使用量にも比例します。そのため、省エネにもつなげることができます。光熱費の節約や地球環境を考慮した暮らしを行いたいという方は、ぜひ遮熱・断熱の要素を取り入れた家づくりをしてみましょう。

遮熱と断熱の違いを確認して快適な住まい作りをしよう

住まいの快適性を上げるために必要な遮熱・断熱は、それぞれの違いや使い方を知ることで家にとって最適な方を選ぶことができます。また大掛かりなリフォーム時だけでなく、遮熱・断熱フィルムについても合わせてご紹介しましたので、快適な住まいづくりの際にぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.