ブログ一覧


ガラスに物が反射して映る原理とは?反射率を下げる方法も紹介

ビルの窓に反射する空

ガラスの反射原理について

この記事を読むための時間:3分

「夜、部屋の中から外の景色を見ようとしたら、部屋の中の様子がガラス窓に映ってしまってよく見えなかった」「太陽の下でスマートフォンを見ようとしたら、自分の顔が映って画面がよく見えなかった」という経験がある人は多いでしょう。なぜ、物はガラスに反射して映るのでしょうか。今回はガラスの反射の原理と、ガラスの反射率を下げる方法を解説します。

物がガラスに反射して映る原理とは?

なぜ、透明なガラスは鏡でもないのに、物や姿が映ることがあるのでしょうか。物がガラスに映る原理を解説します。

透明なガラスに物が映る理由

透明なガラスに物が映るのは、光がガラス面で反射するためです。ガラスの表面はツルツルしていて光を反射しやすいため、物が映りやすいのです。

なぜ昼間は姿が映らないのか

ガラスに光が反射することで、物が映って見えますが、昼間は夜と比べると映りが悪くなります。なぜ昼は姿が映りにくいのかと言うと、昼はガラスの外からくる光(日光)が反射する光よりも強く、ガラスの内側で反射した光が見えにくくなるからです。

ガラスの反射率

ガラスに映る物や姿がはっきり見えるかどうかは、反射率によっても決まります。夜景を見たり、明るい日の光の元でスマートフォンを見たりする際は、反射率が低い方が景色や画面をはっきりと見ることができます。では、反射率を下げるにはどうすればよいのでしょうか。通常のガラスの反射率と、反射率を下げる方法を解説します。

通常のガラスの反射率

通常のガラスの反射率は4~5%程度です。ちなみに、眼鏡やカメラのレンズは3~7層の反射防止処理がされているので、反射率は0.5%程度まで落ち着いています。

反射防止膜を付けることで反射率は下がる

ガラスに物や姿が反射するのを防ぎたいのであれば、反射率を下げる必要があります。反射率は、ガラスに特殊な処理を施し、反射防止膜を付けることで下げることができます。

ガラスの反射率を下げるにはフィルムがおすすめ

ガラスの反射率を下げるためには、ガラスに反射防止膜を付ける必要がありますが、これは製造過程で付けるため、既存のガラスの反射率を下げる際は、ガラス自体を交換しなければなりません。しかし、ガラスの交換には十数万円もの費用がかかるため、なかなか交換できないという人も多いでしょう。そこでおすすめなのが、「窓ガラスフィルム」です。窓ガラスフィルムは、窓に貼るだけで反射率を下げ、窓からの視界をクリアにしてくれます。

目隠しフィルムもある

窓ガラスフィルムには様々な種類があり、低反射フィルムの他にも外からの視線をさえぎってくれる目隠しフィルムもあります。目隠しフィルムにはマジックミラー、すりガラス調、スモーク、グラデーションなど様々な種類があるので、外から家の中が見えにくくなる上に、外観の雰囲気も変えることができます。

ガラスに物が映るのは反射率と光が関係している

ガラスに物が映るのは、ガラスの表面で光が反射するからです。また、物の映り具合は外からの光の強さと反射率で左右されます。反射率が高いと、ガラスの向こう側にある物が見えにくくなってしまいます。そのため、クリアな視界を確保するためには、反射率を下げる必要があります。各ガラスメーカーから、低反射率のガラスは販売されていますが、値段が高く交換の手間もかかってしまいます。ガラスの反射率を抑えたいのであれば、低価格で手軽な窓ガラスフィルムがおすすめですよ。「Harumado」では、低反射フィルムの他にも目隠しや防犯、UVカット、防虫、抗菌など様々な機能付きのフィルムを取り扱っております。窓でお困りごとがあれば、ぜひ「Harumado」へご相談ください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.