ブログ一覧


ガラスが刺さったら放置は危険!怪我した場合の応急処置方法を紹介

砕けたガラス

ガラスが刺さった場合の処置方法について

この記事を読むための時間:3分

割れたガラスを片付けようとして、うっかりガラスが刺さってしまった経験はありませんか?目に見えないくらい小さなガラス片の場合、「まあいいか」と抜くのを諦めがちですが、そのまま放置すると危険なため、必ず対処しましょう。今回は刺さったガラスを放置するとどうなるのかということや、ガラスが刺さった時の対処方法、ガラスが割れた際に怪我をしないための対策方法をご紹介します。

刺さったガラスを放置するとどうなる?

「刺さったガラスを放置すると、血管を巡り心臓に刺さって死に至る」という噂話を聞いたことはありませんか?刺さったガラスを放置すると、実際に死に至ることはあるのか解説します。

万が一血管に入ると危険

皮膚の抹消血管は非常に細く、ガラス片が刺さったとしても、血管に入る可能性は低いです。ただし、もし万が一血管にガラスの駒かい破片が入った場合、血管をせき止めてしまう危険があり、死に至る可能性も低いながらあります。そのため、ガラスが刺さってしまった場合は、すみやかに取り除きましょう。

ガラスが刺さってしまった場合の対処方法

ガラスは刺さったままにすると危険です。ガラスが刺さってしまった場合は、正しい対処法で取り除きましょう。

消毒をしてからピンセットで抜く

まずガラスが刺さっている患部を消毒してからピンセットで抜きます。この時、ガラスが刺さっている感触はあるのに、目視で確認できないという場合は、ガラスが皮膚の中に埋まってしまっている可能性があります。その場合は、ピンセットなどでほじって取ろうとすると、怪我を広めてしまうため、周囲の皮膚をつまんで押し出してみましょう。

患部の止血をする

ガラスを取り除いたら患部に清潔な布を当てて、圧迫して止血します。出血が多い場合は、寝転んだ状態で患部を心臓より高い位置に上げて、患部周辺の動脈を押さえて止血しましょう。

目視できない、血が止まらない場合は病院へ

ガラスが目視で確認できず、周囲の皮膚をつまんでも出てこない場合や、ガラスを取り除いた後の出血がなかなか止まらない場合は、患部を安静にした状態で病院へ向かい診察を受けましょう。

受診は外科・皮膚科で

ガラスによる怪我は、外科か皮膚科で受診可能です。迷った場合は受付で患部の状態を説明して、何科で受診するべきか確認すると良いでしょう。

うっかり割れたガラスで怪我をしないためには?

ガラスで怪我をしてしまった場合の処置方法を解説しましたが、できれば怪我は避けたいもの。ここではうっかりガラスを割ってしまった場合に、怪我を防ぐ方法を解説します。

軍手をはめ、靴をはいて処理する

割れたガラスの処理をする際は、怪我をしないように皮膚の露出を減らすことが大切です。軍手や靴、長袖などで安全性を高めてから処理をしましょう。

粘着ローラーなどで細かい破片まで取る

ガラスは割れると非常に細かい破片も飛び散ります。そのため、一見きれいに片付けたつもりでも、細かい破片が残っていて怪我をする可能性があるのです。割れたガラスは、最後に粘着ローラーやガムテープなどで、細かい破片までしっかりと取りましょう。

ガラスフィルムなどで飛び散りを防ぐことも重要

ガラスが割れてしまうと、想像以上に広範囲に飛び散ります。とくに窓ガラスのような大きなガラスは、部屋中にガラスが飛んでしまうことも。大きなガラスは処理が大変な上に、怪我をする危険も高まるので、飛び散らないように、飛散防止フィルムをあらかじめ貼っておくと良いでしょう。飛散防止フィルムなど、各種ガラスフィルムは「Harumado」にお任せください。

ガラスが刺さったら放置せずにすぐ処置しよう

刺さったガラス片は、放置すると怪我が悪化する場合があります。さらに、万が一ガラス片が血管に入ってしまうと、血流をせき止めてしまう危険があるので、ガラスが刺さったらすぐに処置をすることが重要です。自力でガラス片が取れない場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。ガラスは刺さると危険であるため、普段から割れても破片が飛散しないように対策しておくことも重要です。ガラスの飛散防止フィルムをお探しであれば「Harumado」にお気軽にご相談ください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.