ブログ一覧


新築戸建てで生活がスタート!でもリビングの向こうには隣家の玄関が・・・

すりガラスフィルムで目隠し&室内の明るさをキープ

 

春の引っ越しシーズンに入りました!

 

引っ越しは一大イベント。荷造、移動、荷解き、配置・・・「よしっ!」と気合をいれて初めて見るものの、作業をすすめることに比例して疲労がたまるので、なかなか進まない・・・なんてことはよくありますよね。

 

それに輪をかけて役所や水光熱対応、新しい家電の設置打ち合わせやご近所対応など、頭を悩ますことも多々あり、心身ともにぐったりする期間がしばらく続きます。

 

だからでしょうか、新生活が落ち着くころに、「あれ、外から窓ガラス越しに部屋が丸見え」とお気づきになり、目隠しフィルムのご依頼を受けることがあります。

 

ご依頼を受けると、まずはサンプルを持参して事前調査に伺います。

そうして、ご希望のフィルムをお決め頂いて後日施工となります。

 

カーフィルムの目隠しを想像すると「室内が暗くなるかもしれない」と思うかもしれませんが、建築用フィルムは決してそんなことはなく、採光と目隠しのバランスをとったフィルムばかりです。

 

今回はすりガラスフィルムを施工させて頂きましたので、その様子を参考にご紹介します。

 

まずは施工前の屋外の様子です。

 

 

古賀市窓ガラスフィルム

 

外と比べて室内が暗いため、角度的に中の様子が分かりにくいですが、照明の位置や人が動く様子が手に取るようにわかります。

 

ここにフィルムを貼るとこうなります。

 

古賀市窓ガラス目隠しフィルム

 

みごとにすりガラスになりました。

ガラスを交換したわけではありません、1枚のフィルムを貼るだけでこうなります。

 

照明の位置や人が動く様子もまったくわかりません。

夜になるとぼんやりと見えますが、はっきりと見えることはないので目隠し効果を十分に発揮しています。

 

次に室内の施工前の様子です。

 

古賀市窓ガラス目隠しフィルム

 

お隣の壁や奥の駐車場がよく見えます。

それだけ外からもよく見えているということです。

 

ここにフィルムを貼った画像が次です。

 

古賀市窓ガラスフィルム

 

いかがでしょうか。

外の様子がぼやけて見えなくなりました。

ここまでぼやけると、外にいる人の顔の様子や目線がわからないので、室内のプライバシーが守られます。

 

また、明るさも室内に入ってくるので、お部屋が暗くなることはまずありません。

 

さらに、紫外線を99%カットするので新築のお家の壁や床、カーテンは紫外線によてえ色褪せすることがありません。

飛散防止効果もあります。

 

新生活は、落ち着いてからが「あら」がよく見えてきます。

窓ガラスのことで「あら」が見えてきたら、お気軽に当店にお問い合わせくださいませ(^^)

けっこう幅広いお悩みに対応できますよ!

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.