ブログ一覧


外から家の中を見られたくないけどカーテンは開けたい!窓ガラスの目隠しといえば

ミラーの窓フィルムで視線をシャットアウト!でも室内は明るく外も見えます

 

新型コロナの影響で、去年から自宅で過ごすことが増えましたね。

仕事、勉強、友人との御飯や飲み会、家族での団らんも、自宅が中心の生活はもうしばらく続きそうです。

 

自宅で過ごす時間が増えると、今までは気に留めなかった「ちょっとしたこと」が気になることがありますよね。

 

窓ガラスフィルム施工業と営む弊社には、「窓ガラスのちょっとしたこと」の解消を目的としたご相談やお問い合わせが、昨年の緊急事態宣言以降多くよせられるようになりまし。

「外からパソコンを見られたくない」や「集中して仕事をしたい」「意外と窓際が暑い」等の目的で、フィルムを貼りたいとの内容です。

 

その際、外から室内が見えず、でも室内から外は見えて、室内は暗くしたくない、というリクエストもよくいただきます。

 

これらのリクエストは、基本的にミラー系のフィルムで対応ができます。

プライバシー保護・採光・暑さカットができるので、とても人気のフィルムなんです。

 

施工前後で窓ガラスの見え方がかわるので、実際の施工画像でその様子をご紹介したいと思います。

 

まずは屋外から見た施工前の画像です。

 

 

この日は曇りでしたので、太陽光の入り込みが少ないのですが、それでも室内のソファーや床、施工のための道具・養生がしっかりと見えます。

ここにフィルムを貼るとこうなります。

 

久留米市窓ガラス目隠しフィルム

 

室内の様子がはっきりと見えなくなりました。

ガラス面に見えるのは、お庭の芝生や柵、隣家の壁や植栽などです。

よく見ると白いレースカーテンはうっすらと見えますが、カーテンより奥にあるものはほぼ見えません。

 

次に室内から見た施工前の様子です。

 

 

大きな窓から明るさが室内に差し込みます。

曇りの天気なので、ほどよく快適な明るさです。

 

フィルムを貼るとこうなります。

 

 

見た目には大きな変化は感じにくとおもいます。

影の様子を見ると明るさはしっかり入ってきていることが分かります。

またミラーフィルムの特徴のひとつで、ごく僅かに青みがかっていますが、青色は人の眼には刺激が少ない色なので見た目を阻害することはないです。

 

大きく分けるとミラーフィルムは、色が濃いタイプと薄いタイプに分かれます。

窓の環境に合わせてお選びいただけますので、お気軽にお問い合わせください。

サンプルも用意しておりますので、実物でご確認いただけます。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.