ブログ一覧


暑くて眩しい西日が窓ガラスから入ってくる!なんとかするには?

ミラー系の窓フィルムで減光と遮熱できます

 

今回は筑紫野市のお客様宅で、眩しさ緩和と暑さカットをできるミラーフィルムを施工させていただきました。

 

この二つの性能は、1枚のフィルムで対応が可能です。

眩しさは可視光線、暑さは赤外線なので、この2種類の太陽光線が必要以上に室内に入らないようにしたらいいので、「反射」作用のあるミラーフィルムが効果があります。

 

まずは施工前後の画像ですが、最初の屋外のビフォーはこちら

 

室内に置いた施工道具や床等がはっきりと見えます。

はっきり見えるということは、明るさが一切減光せずに中に入り込んでいる状態です。

 

フィルムを貼るとこうなります。

 

室内の様子が全く見えなくなりました。

周辺の建物が映り込んでいるので、目で感じる眩しさ(可視光線)をしっかりと反射しています。

また暑さの原因となる赤外線も反射するので、窓際温度で最大約16度も軽減できるようになりました。

 

でもここまではっきり反射すると、室内では暗さや寒さを感じるのでは?とお思いになるかと思います。

 

そこで、次は室内のビフォー画像をご覧ください。

 

何も貼っていないので、一般的な窓の雰囲気です。

特に気にすることは何もないです。

 

フィルムを貼るとこうなります。

 

パッと見て違いがわかりますか?

若干ですが、窓ガラスが青っぽくなりました。

これはフィルムの色がシルバー色なので、太陽光に透かして見ると青色に近く見えるためです。

 

外から見た画像と比較していかがでしょうか?

ビフォーアフターで大きな差は無いかと思います。

太陽光を約65%カットしますので眩しさを軽減させますが、室内の明るさや窓の開放性にはほとんど影響がありません。

可視光線を反射するので、室内に置いているものが若干反射して見えますが、それでも違和感は感じにくいレベルです。

 

そして赤外線も反射しているので、西日にの直射による暑さも大きく和らぎます。

 

さらに、ミラーフィルムは透明の飛散防止性能とUV99%カット性能もあるため、たった1枚で4役もこなせるかなりの優秀なフィルムです。

サンプルがありますので、まずは見た目をぜひご確認下さい。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.