ブログ一覧


窓ガラスが暑いし外から見られる!フィルムは対策として有効か?

リビングの大きな窓をフィルムで目隠し!暑さも体感マイナス6℃!

 

|目隠し・遮熱暑さ対策|

|福岡市博多区住吉|

 

今日は高層マンションにお住いのお客様からご連絡をいただき、リビングの掃き出し窓に目隠しフィルムを施工させていただきました。

 

お客様のお部屋からは同じ高さの近くのマンションがよく見えるので、以前から視線が気になっていたとのことで目隠しフィルムのご要望でした。

また、高層階なので暑さが遮るものなく窓ガラスから入ってきますので、同時に暑さ対策もできる遮熱ミラーフィルムの施工となりました。

 

ミラーフィルムの特徴はなんといっても「目隠し」と「暑さカット」です。

ガラス面にあたる太陽光の眩しさを反射することで、外から窓を見ると鏡のような見た目にします。

しかし部屋の中からは外が見えるので、室内の明るさを損なうことなくプライバシーを守ることができます。

 

そして暑さの原因となる赤外線を反射・吸収することで室内に入る暑さをカットし、体感温度を最大-6℃も下げてくれます。

マイナス6℃も変わった窓を体感すると「すご!暑くない」と皆様びっくりされます。

クーラーの効きがよくなりますよ(^^)

 

さらに、フィルムの基本性能として「UV99%カット」と「飛散防止性能」もありますので、災害対策や健康を守るために高い効果があります。

今年の台風10号では、九州に襲来する1週間前から「急いで飛散防止フィルムを貼ってほしい」とのお問い合わせが合計で120件もあり、窓ガラスの安全対策として導入されるお客様がとても多かったです。

 

このようにミラーフィルムは「暑さ対策」「目隠し」「UV99%カット」「飛散防止」と、1枚で4つもの性能をもつ優れものです!

ミラーの度合いや断熱性能をもたせたもの、さらには透明タイプなど、様々なパターンの中からお客様の窓にぴたりとくる1枚をご案内しますので、お気軽にお問い合わせくださいね(^^)

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.