ブログ一覧


濃い色の目隠しフィルムでも明るさを確保できるケース

熊本県荒尾市|目隠し・遮熱暑さ対策フィルム 

 

今日は新居にお引越し前のお客様からのご依頼で、目隠しと暑さ対策を兼ねたフィルムを施工させていただきました。

 

東面と南面に掃き出し窓があり、採光がとても良く明るいお部屋なのですが、外からは丸見えで一日中暑い環境です。

 

また窓の下半分は凹凸ガラスのため、通常のフィルムは貼れないので接着面が分厚い専用のフィルムの施工となります。

 

まずは室内ビフォーはこちら

室内ビフォー

 

次は貼り付け後の室内アフターです

 

濃い色のシルバー色フィルムを施工しています。

このフィルムは色の濃さから「少し暗いかも」と感じる場合がありますが、

今回は2面採光ということもあり明るさは確保されています。

 

もちろん暑さもカットしていますので、窓際温度で19度ほど、体感温度で最大6℃は変わります。

この日の天気は雲一つない晴れで、施工前の眩しさや暑さはフィルムを貼ると柔らかな日差しと温暖な室内環境に変わったと感じました。

 

続いて室外ビフォーです

 

フィルムを貼るとこうなります

室外アフター

 

お向かいのお家の屋根や壁がはっきりと映り、室内の様子は見えなくなりました。

ここまではっきりと見えなくなると全面的に鏡のようになるので、どんなに意識して「ジー」っと見ても中はほぼ見えません。

光の反射による風景の投影の効果はすごいんです(^^)

 

「外から見るとギラギラと眩しくないですか?」とご質問を受けることがありますが、室内にも明るさをある程度取り込む分、外側にむけて完全に反射をしている状態にはならないので、周囲に圧迫感を与えるようなギラギラ感はないかと思います。

 

2面採光や吹き抜けに大きな窓があり開口部の面積が広い場合は、濃い色のミラーフィルムでも室内はそれほど暗くならずに明るさを保てることがありますので、まずは一度ご遠慮なくご相談くださいませ(^o^)/

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.