ブログ一覧


強化ガラスも割れる!対策は飛散防止フィルム

熊本市西区|台風対策(飛散防止フィルム)

 

年々台風の威力は強く、その影響する範囲も広くなっています。

 

また、マンションや戸建て問わず開口部(窓ガラス)の面積は増えています。

 

それだけ窓ガラスが風圧や飛来物の影響を受けやすくなっていると言えます。

 

今回はマンションの上層階のお客様からのお問い合わせで、2階層の2面にかけて設置されている窓ガラスに飛散防止フィルムを施工させていただきました。

 

画像の通り、ガラスはとても多く使われていて、壁の全面がガラスと言ってもいいほどのとても見晴らしの良い素敵な造りです。

 

しかし、これだけ窓ガラスが多く使われているからこそ、お客様の悩みは台風対策と紫外線でした。

 

透明の飛散防止フィルムができることはまさしく、この台風対策と紫外線のカットです。

 

この物件では当然のように強化ガラスが使われていましたが、どんなガラスでも絶対に割れないことはありませんので、強化ガラスでもフィルムは貼ったほうがいいと私は思います。

 

すでにフィルムを貼っている二重ガラスのことを「合わせガラス」と言います。

 

これは2枚の強化ガラスに両面接着のフィルムを挟んでぴったりとくっつけるのですが、目的は飛散防止です。

 

つまり、強化ガラスといえども飛散防止をしたければやはりフィルムを使うことになるのです。

 

ガラスメーカーも「割れないガラスはない。災害時に被害を軽減する目的で合わせガラスやフィルムの使用を検討してほしい」と、各社がホームページで公式にアナウンスしています。

 

決して強化ガラスだからと言って、安全を過信しないようにされてください。

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.