ブログ一覧


窓から入る暑さと紫外線をカットしたい!お店の商品が劣化しないか心配で・・・

フィルムを貼ると窓際温度マイナス13℃、紫外線を99%以上カットします。

 

今回は福岡市南区桧原のフードショップ「Bon rupa」様にて、透明系の遮熱フィルムの施工でした。

店舗の入り口が西側に面していて、なおかつ大きな開口部のため営業中の長い時間にかけてとても暑く、空調が効きにくいとのお悩みでした。

また、店内に並べている商品が紫外線によって劣化しないかということもご心配とのことでした。

フィルムで対策をすることをご検討で、店舗と言うこともあり完全なミラーにするのではなく、あくまで透明度をキープして暑さをカットでき、なおかつ紫外線を99%以上カットできるフィルムをご希望されていましたので、透明系の遮熱フィルムの施工となりました。

 

まずは施工前の画像をご覧ください。

 

福岡市南区窓ガラスフィルム

 

ここにフィルムを貼るとこうなります。

 

福岡市南区窓ガラスフィルム

 

いかがでしょうか?

うっすらと鏡のようにも見えますが、基本は透明なので店内のディスプレイの様子がみてとれます。

次に室内の施工後の様子をご覧ください。

 

副㈫市南区窓ガラスフィルム

 

これは間違いなく室内の施工後画像です。透明なのでフィルムを貼っても太陽光の明るさを損ねることがなく、店内は明るいままです。

そのため開放感や視認性は今までと変わりません。

しかし暑さカットの性能は、窓際温度でマイナス13度も下げてくれますので、店内の空調の効きがとてもよくなります。

そして紫外線も99%以上カットしますので、店内の商品や什器類などが日焼け・劣化する心配もありません。

なおかつ飛散防止性能もあるので、台風や地震などでガラスが割れてしまっても室内に破片が飛び散りませんので安全です。

 

1枚で3役も担える優れものの透明系フィルム、かなりのおすすめです(^^)

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.