ブログ一覧


Low-Eペアガラスでもフィルムは貼れる?窓に目隠しフィルムを貼りたい

プロなら事前の熱割れ評価で仕上がりよく貼れます!

 

たまにお客様から、「我が家の窓ガラスはLow-Eのペアガラスですが、目隠しフィルムは貼れますか?」と聞かれます。市販のフィルムの説明を見てみると「ミラー系の目隠しフィルムはLow-Eガラスには貼れません」と説明書きがあるので、おそらくこの情報を得られてのお問い合わせかな、と察します。

 

なぜ市販品に「貼れない」と注意書きがあるかというと、ガラスの熱割れリスクを考慮しているからです。熱割れとは主に冬に多い現象なのですが、日中の寒暖差によってガラスが収縮と膨張を繰り返し、その差に耐えられなくなって自然とひびが入ったり割れてしまう現象です。フィルムを貼ることでこの熱割れを助長してしまう可能性があるため、市販品ではLow-Eガラスには貼れないとしていることが多いです。

DIYでは判断できない

しかし、プロが施工する場合は事前に「熱割れ計算」を行い、フィルム施工後にガラスが収縮膨張に耐えられるかどうかを見積もりの段階でお示しします。

もし熱割れリスクが高い場合は正直にお伝えし違うフィルムの提案をします。また私の経験上ですが、Low-Eガラスで今まで目隠しフィルムを貼れなかったことはありません。ガラスのサイズや種類、厚み、設置方角、サッシの特徴、陰の入り方など、多くのチェック項目を数値化して計算することで、ガラスの耐性を確認できるのです。

事前に熱割れの評価を行い、適切なフィルムをご提案し、仕上がり良く貼れる。

Low-ガラスはプロとDIYの違いを際立たせると感じます。

実際に貼ったらどう見えるのか

さて、今回はお客様宅でLow-Eガラスに目隠しのミラーフィルムを施工しましたので、その画像をご覧いただきます。

まずは屋外から見た施工前の様子です。

 

 

照明だけでなく、床材やカーペットの色、ソファー、家具などが見えます。

ここにフィルムを貼るとこうなります。

 

福岡県久留米市窓ガラス目隠しフィルム

 

いかがでしょうか。

室内の様子がほぼ見えなくなりました。

よく目を凝らすとカーテンの様子が薄っすらと見えるのですが、床や家具、ソファーなど、人がいる場所はまず見えません。

そして照明すら見えにくくなりました。

実際は太陽の明るさが一定の割合で室内に入っているので、よく見るとわずかに見えるのですが、目の錯覚で外にいる人はガラスに映る自分の姿を優先的に見るようになります。

 

続いて室内の施工前の様子です。

 

 

ここにフィルムを貼るとこうなります。

 

 

見た目の変化はほぼ感じられないと思います。外から見るとしっかりとミラーなので、室内は暗いんじゃないかと思いきや、ご覧の通り明るさは確保できています。

さて、外を見ると目の前には公園が迫っていて、距離にして最も狭い箇所で1mもない近さです。

こんなに近いと室内は丸見え状態なので、さすがに目隠しフィルムを貼りたくなりますよね。

目隠し相性のいい組み合わせ

Low-Eガラスはもともと金属の膜がガラス内部にあるため、外から見ると少しだけ室内が見えにくいです。そこにミラーフィルムを貼ると、「金属の反射膜+フィルムの反射効果」によって室内はほぼ見えなくなります。

さらに、ミラーフィルムは色が濃いものと薄いものの2種類がありますが、Low-Eガラスに貼る場合薄いフィルムでも高い目隠し効果があります。濃いフィルムだとより高い効果があるのですが、室内が暗くなりやすいので、個人的にはLow-Eガラスには薄いミラーフィルムの目隠しで十分ではないかと思います。

今窓の目各をご検討されている場合は、まずはサンプルで見た目もご確認いただけますので、お気軽にお問い合わせくださいませ(^^)

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.