ブログ一覧


窓越しにお隣さんの視線が気になる・・・ガラスのプライバシーを守る方法。

ミラーフィルムで「外から見えない&外は見える」を実現!

 

今日は福岡市中央区地行のお客様宅で、窓ガラスに目隠し目的のミラーフィルムを施工いたしました。

お隣のマンションがすぐそこに迫っていて、お互いの生活がよく見えるほどの距離のお宅です。

パッとみて「近いですね・・・」と反射的にでるほどで、これは目隠しをしたくなるなと思いました。

 

ミラーフィルムの特徴は

・外から室内は見えなくなる

・室内から外は見える

・暑さも窓際温度で20℃ほどクールダウンできる

・飛散防止・UV99%カット効果もある

など、1枚でいくつもの性能があるかなりの優れものなのです!

 

と、言葉であれこて説明するより画像をご覧いただくほうがはやいかと思いますので、

まずは屋外から見た施工前の様子をご覧下さい。

 

 

プライバシーに配慮し撮影をしておりますので、可能な範囲で室内が見えるように映しています。

きれいに整理された資料の様子や、床に置かれたスリッパがはっきりと見えます。

いわゆる「丸見え」の状態です。

正面からみると室内の奥までよく見えます。

 

ここにフィルムを貼るとこうなります。

 

福岡市中央区窓ガラス目隠しフィルム施工後

 

いかがでしょうか?

まったく見えなくなりました。

資料やスリッパが、うっすらとも見えません。

窓から50㎝ほどの至近距離で撮影していますが、それでもこの見た目です。

ベランダの真正面にたっても見えませんので、距離があるお向かいのマンションからではまず室内をのぞくことはできないです。

 

さて、ここまで見えなくなると「暗くなりそうだな」とお思いになるかとおもいます。

次に室内の施工前の様子をご覧ください。

 

 

お向かいのマンションがすぐ近くに見えます。

お互いの生活感が分かる距離ですね。

ここに目隠しフィルムを貼るとこうなります。

 

 

いかがでしょうか?

施工したフィルムは色の濃いタイプのミラーフィルムなので、明るさを8割カットして目隠し性能を高めています。

そのため他の窓と比べるとやや暗さを感じることがありますが、外の天気が曇りでも、一定の明るさを取り込んでいることがお分かりいただけるかと思います。

また、光を反射する性質のフィルムなので、太陽光だけでなく室内灯の光も若干反射します。

そのためフィルムを貼ると室内側もうっすらと反射しますが、気になることはないかと思います。

 

目隠しフィルムは見た目が第一ですので、ご検討のお客様にはA4サイズの大きめのサンプルを持参or郵送でお送りしますので、室内外の見た目を昼夜にじっくり確認してみてください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.