ブログ一覧


貼る前と貼った後で体感できるほど暑くない窓ガラスフィルム

体感最大マイナス6℃!ビフォーアフターではっきりと違います。

 

こんにちは。

窓ガラスフィルムHarumadoの平井です。

今日は佐賀県鳥栖市のお客様邸にて、暑さをカットするミラーフィルムの施工でした。

新築マンションでリビングキッチンが南・西面に向いているため、暑さの対策が必須とのことでのご依頼です。

 

南と西向き・・・、もうこれだけで室内が暑くなることが想像できますね。

暑さの対策としてフィルムを選ぶ場合は、色の濃いフィルムになるほど遮熱性能が高くなるので、室内の明るさのバランスを考慮してフィルムをお選び下さい。

 

今日は薄い色の南フィルムでしたので、見た目の違いをご覧いただこうと思います。

 

まずは外から見た施工前の画像です。

 

 

ガラス越しに室内の様子がよく見えますね。

お引越し前なので家具類はありませんが、カーテンや床や照明、軽めの荷物などの位置がはっきりとわかります。

ガラスを越しているのは目に見える太陽光ですが、同じく暑さの原因の赤外線も素通りしています。

 

ここにミラーフィルムを貼るとこうなります。

 

佐賀県鳥栖市窓ガラスフィルム

 

いかがでしょうか?

室内のものが見えなくなりました。

窓際のカーテンですらうっすらとしか見えません。

これは外から窓ガラスにあたる太陽光線を、室内に入れずに外に反射することでこのように見えます。

 

反射する太陽光線の種類は「紫外線」「赤外線」「可視光線」です。

以外と知られれていませんが、紫外線は熱を持ちませんので「UVカット=暑さ対策」は出来ません。

暑さの原因は「赤外線」なので、ミラーフィルムで対策をすると体感温度で最大マイナス6℃もかわります。

窓際温度で19度近く変わる実験結果もあります。

 

ところで、これだけ反射すると「室内は暗くなりそう」と思いますよね。

では実際にどのくらい変わるのか、室内側の画像をご覧いただきます。

 

まずは施工前です。

 

 

ここにフィルムを貼るとこうなります。

 

 

いかがでしょうか?

それほど変わりはないかともいます。

明るさは35%程入りますので、室内にいても暗さを感じるよりも「意外と明るい」と感じられるお客様がほとんどです。

また窓際に立つと暑さを感じなくなるので、貼った窓と貼る前の窓を比べると「暑くない・・・」と皆様おっしゃいます。

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.