ブログ一覧


室内が暑い!原因となる熱は73%が窓ガラスから入る

根本の解決は費用対効果でガラスフィルムがおススメ

 

窓ガラス暑さ対策(遮熱)フィルム

 

真夏、よくお客様から「窓際が暑い」「西日が差し込んでクーラーが効かない」「吹き抜け空間で熱がこもる」とお問い合わせをいただきます。

 

温暖化の影響があることはもちろんですが、近年の住宅は開口部(窓)が広く多くなる傾向なので、暑さを感じやすいのではないでしょうか。

また多くの住宅がペアガラスですが、Low-eタイプでない場合は熱が素通りなので、暑さの対策ができていない状態です。

そして、住宅の購入時点で窓の知識が十分ではないため「窓ガラスを遮熱仕様にしたい」とお考えになることは稀でしょうし、販売業者からも「ペアガラスです」ぐらいしか説明がないので、窓ガラスの暑さ対策に何をしていいのか見当もつかないおとがあるかと思います。

 

結論を記すと、窓ガラスに空間・隙間なく遮熱対策を施せるのは「窓ガラスフィルム」がおすすめです!

その他にも「すだれ」「遮熱カーテン」「ブラインド」など対策はありますが、いずれも空間や隙間ができます。

 

ガラスそのものを交換することも考えられますが、弊社にご連絡をいただくお客様は費用対効果を考えてフィルムをご検討さてれいますし、

弊社は窓ガラスフィルムを専業としていますので、今回は遮熱フィルムの特徴を詳しくお伝えしたいと思います。

 

目次

 

■暑さの原因は紫外線?

 実は紫外線は暑くない

 UVカットフィルムだけでは暑さを防げない

■暑さはどこからやってくるのか?

 住宅の外装表面積のうち窓部分は約20%なのに・・・

 特に暑さが入りやすい方角は

 クーラーの冷却力を上回る熱量

 カーテンでは隙間・空間が暑くなる

■フィルムによる対策のポイント

 赤外線を室内に入れない

 空間と隙間を作らない

 貼れる窓が多い

 透明なので部屋は明るい 

■遮熱フィルムの性能と特徴のまとめ

 施工はぜひプロの業者に

 

 

 

暑さの原因は紫外線?

 

 

実は紫外線は暑くない

 

窓ガラスから入り込む暑さの正体は何だと思いますか?

 

もちろん「太陽光」なのですが、太陽光はいくつかの光線に分けることができます。

 

まずは明るさをもたらす「可視光線」です。

人の眼で見えて、明るさや暗さの素になる光線のことです。

そして目には見えませんが、日焼けや色褪せの原因となるのは「紫外線」ですね。

紫外線は真夏だけでなく、ゴールデンウイーク頃から照射量が増えることは広く知られるようになりました。

しかしあまり知られていない特徴がもう一つあります。

 

実はこれが重要なのですが・・・

 

紫外線は暑くない、ということです。

以外だとお思いになるかもしれませんが、紫外線は熱を持たないんです。

 

真夏の暑い日に

「今日も紫外線がジリジリと暑いな・・・」

と思わず言ってしまいますよね。

でも、紫外線は暑くありません。

 

それでは暑さの原因は一体何でしょうか?

 

可視光線を挟んで、紫外線の反対側にある目には見えない光線・・・

そう、答えは「赤外線」です。

 

赤外線こそ熱をもたらす光線で、ジリジリ汗ばむ暑さの原因となります。

 

このことをお話すると、ほとんどのお客様が

「え!紫外線って暑くないの?」とびっくりされます。

 

それもそうですよね、だって日常生活で気にするといえばほぼ紫外線だけなので・・・。

 

でも紫外線と赤外線の違いはフィルム選びでとても重要なポイントなので、お客様には

 

「紫外線は日焼けやの原因ですが暑くないです」

「赤外線は汗ばむ原因ですが日焼けしません」

「対策のための窓ガラスフィルムは別物です」

 

と丁寧に説明します。

 

UVカットフィルムだけでは暑さを防げない

なぜ丁寧に説明をする必要があるかというと、こんなお問い合わせも多いためです。

「UVカットフィルムを貼っているのに室内が暑いままなんです」と。

 

以前にフィルムを貼った業者がちゃんと説明していない場合や、DIYで貼った場合などは正確な知識がないため、適切なフィルムを選べなかったのだと思います。

 

一部のフィルムメーカーや多くのフィルム施工業者のホームページでは「太陽光を反射・吸収して暑さを遮る」とか、イラストで図示して説明はしていますが、「暑いのは紫外線ではなく赤外線」と明記している案内はとても少ないです。

「太陽光」とひとくくりにすると、そこにはエックス線・ガンマ線・紫外線(ABC)・可視光線・赤外線などが含まれていますので、正確ではなくなってしまいます。

これではお客様が判断するための適切な知識を提供できていませんので、逆に困らせてしまうだけです。

 

お客様が納得してフィルム選びができるように

「紫外線は熱を持ちません。熱を持つのは赤外線なので、対策ができる専用のフィルムを使いましょう」

と説明をすることが大切だと思いますので、弊社では紫外線と赤外線の違いを説明することを心がけています。

 

暑さはどこからやってくるのか?

 

住宅の外装表面積のうち窓部分は約20%なのに・・・

 

暑さの原因が赤外線とわかったところで、では暑さはどこから住宅に入ってくるのでしょうか?

そう、すでに体感で感じられているとおり「窓ガラス」です。

 

次のイラストは、窓から入る日射の割合を建物の各所と比べたものです。

 

■一般住宅の日射侵入経路

 

日射は建物の全体にあたります。

そのうち、太陽の位置に関わらず全時間帯を通して最も熱せられる屋根からは11%

窓以上に日射が当たる面積が多い外壁は7%

喚起のための通風孔等はわずかに6%で、床はごくわずかの3%

そして窓からは73%もの日射が入り込みます。

他のどの部分よりも圧倒的に多いです。

 

なぜここまで違いがあるかというと、屋根や壁等は基本的に熱を通しにくい材質や構造をしており、これに対して窓ガラスは熱を通しやすい建材であるため、窓ガラスからの日射の侵入割合が圧倒的なのです。

 

窓は住宅の表面積のうち、平均で20%前後しかないにも関わらず、73%もの暑さが窓から入ってくるのです。

 

特に暑さが入りやすい方角は

 

また、室内を熱くする窓の環境的な特徴として

①日射がよくあたる方角

②窓の外(屋外)に日射を遮る屋根や建物または影を作り出すものがない

 

この二つがあげられます。

 

弊社の施工実績もとに遮熱フィルムを施工した窓を方角別に見ると、

 

1位 西48%

2位 南40%

3位 東11%

4位 北1%

(直近3年2018-2020年の有効な240件から算出)

 

やはり北以外、特に南と西向きの窓だけで90%近い割合を締め、南と西向きの窓ガラスがいかに日射が入り込むかがわかります。

 

クーラーの冷却力を上回る熱量

 

また近年の新築住宅は、縁側や庇(ひさし)がないため窓の屋外側に影がなく、窓が壁と一続きになっていて日射が当たり放題です。

これだと赤外線が何にも遮られずに入り込むので、クーラーの冷却効果が十分に発揮されなくなります。

 

また、吹き抜け空間に窓があると暑さが入りやすいですし、大きな空間は当然冷えにくくなります。

 

当然、温暖化の影響で気温そのものが高くなっていることも影響として挙げられます。

 

カーテンでは空間が暑くなる

 

ところで、室内にカーテンを取り付けていることがほとんどだと思います。

しかし、弊社にご連絡をいただくお客様は「カーテンをしていても暑い」と言われます。

 

カーテンは窓ガラスにぴったりとくっつくわけではありませんので、どうしてもガラス面との間に空間ができます。

その空間に日射が入り込み空気を暖め、暖められた空気は軽くなるので空間の上の隙間から室内を循環します。

またカーテンの材質によっては赤外線が通り抜けるため、カーテンの有無に関係なく室内が暑くなります。

 

遮熱カーテンも各メーカーから多くの種類が出ていますが、上記の理由からぴたりとガラスに貼りつくフィルムの性能と比べると効果の面で大きな開きがあります。

 

課題のまとめ

 

以上を踏まえて課題をまとめると

 

日照時間の長い窓から暑さ(赤外線)を室内に入れない

窓ガラスに隙間・空間なく対策を施す

 

この2点に集約されます。

①はフィルムの選び方、②はフィルムの貼り方のことなので、それぞれ分かり易く説明します。

 

 

フィルムによる対策のポイント

 

暑さを室内に入れない-フィルム選び-

 

建物にあたる日射のうち、窓ガラスから73%も室内に入ってきているのであれば、窓ガラスに対策を施すことは理にかなっています。

そしてその対策は、ガラスに直接施すことが理想的です。

上記カーテンの項目で記した通り、カーテンやブラインド等はガラス面との間に空間や隙間ができ、そこから暑さが室内に入りこみ室内全体が暑くなる原因となります。

だから室内に暑さを入れないことが最大の対策と言えます。

 

実はガラス面で暑さをシャットアウトすることは、フィルムが最も得意とするところです。

フィルムはガラス面に直接貼り付けるため、ガラスにあたる赤外線を外側に反射したり、フィルムで吸収するからです。

 

お客様からよくご注文をいただく遮熱フィルムの「Nano70s」だと、窓際温度で最大マイナス15度、体感温度で最大マイナス6℃も暑さを和らげてくれます。

 

実際の建物での暑さ軽減効果を検証したデータがあります。

Nano70sのメーカーであるスリーエム株式会社の相模原事業所で、ガラスハウス西面での2010年8月の測定の結果、Nano70Sフィルム施工前後で窓際に置かれた机の表面温度を約15℃、体感温度(グローブ温度)を約6℃低下させることが実証されております。

 

 

この実験結果だけでなく、弊社では実物フィルムのサンプルと体感キットを用意しておりますので、訪問時にどのくらいの遮熱効果があるのか、手をかざして体感することができます。

実験の結果と体感で、フィルムの効果にご納得いただけるかと思います。

 

窓ガラスに隙間・空間なく対策を施す

窓 カーテン 隙間

フィルムはガラスに直接貼り付けますので、カーテンやブラインドのように隙間や空間ができません。

暑さが入り込むことがないので、空間で暖められた空気が室内を循環することはありませんし、クーラーの効きがとてもよくなります。

 

そして遮熱フィルムの最大の特徴と言えますが、貼ってすぐに効果を実感できます。

貼った窓と貼っていない窓を比べると、体感レベルで大きな違いがあるので、私が作業をしている後ろでお客様が「暑くない・・・すごい!」とよく言われます。

それぐらい効果を感じやすいです。

 

貼れる窓の種類が多い

 

網入りガラスにもフィルムは貼れる

 

一昔前までは「網入りガラスにフィルムを貼ると割れる」と、ステレオタイプのように言われていました。

確かに、暑さをコントロールするフィルムを貼るとガラスの伸縮に影響を与えるので、相対的に割れる可能性が高くなると言えました。

しかし、現在は事前に「熱割れ計算」を行いリスクの有無を判定します。

その結果、熱割れを起こしやすい窓かどうかを判断できるようになりましたので、一様に「貼れない」とは言い切れません。

むしろ貼れないと思われていたワイヤー入りガラスにも貼れることが分かり、ご要望に幅広くお応えできるようになりました。

また凹凸面があるガラスにも貼れますし、ペアガラス、Low-eガラス、強化ガラス、合わせガラス、防犯ガラス等にももちろん貼れます。

 

大事なのは熱割れのリスクを正しく計算し評価できるかどうかなので、専業ではない業者が昔の知識だけで「割れるので貼れない」と言うことに対しては、あまり参考にならないと思っていいです。

 

透明なので部屋は明るい

 

一言に遮熱フィルムと言っても、その種類はとても豊富です。

各メーカーから多くの製品がラインナップされているので、独自で調べようとしても見た目や性能の違いが分かりにくくて弊社にご連絡、ということがよくあります。

次の表はその違いを分かり易くまとめたものです。

前提として、遮熱フィルムに「無色」はありません。

無色透明のフィルムに遮熱層を重ねて作るため、どうしても「有色透明」になります。

その有色の度合いによって、見た目が変わったり遮熱性能に差が生まれます。

 

品番別窓ガラス遮熱フィルム性能比較

*弊社取り扱いの多いメーカーを中心に作成・・・3M/サンゲツ/GLAFIL

*遮蔽係数は1が最大で、0に近いほど遮熱性能が高くなります

 

遮熱性能が高いフィルムは採光が暗くなり見た目も濃い色になります。

一方でフィルムを貼っても部屋を明るくしたい場合は、遮熱性能はある程度となります。

参考までに中間地点にあるNano70sだと、窓際温度で最大マイナス15度ほど、体感温度で最大マイナス6℃の効果があります。

 

 

遮熱フィルムの性能と特徴

 

以上をまとめると、遮熱フィルムの性能は以下のとおりです。

 

窓から入る熱(赤外線)をシャットアウト

 暑さの原因は紫外線ではなく赤外線。専用フィルムをガラス直貼りで空間・隙間なく遮熱!

 

ペアガラス・ワイヤー入りの窓でもOK!貼れる窓が多い

 熱割れ計算をすることでペアガラス・ワイヤー入りガラスにも貼れます

 

部屋は明るいまま

 豊富な種類があるので「明るさ」と「遮熱性能」を選べます

 

また、断熱・防災・防犯などの展開もありますし、災害対策の飛散防止性能とと空間単位で紫外線を99%カットしますので、日焼けや劣化・色褪せの防止にもなります。

 

施工はプロに依頼するのがおすすめ

福岡の窓ガラスフィルムのプロ

 

最後に施工について、DIYでも貼り付けはできますが、やはりプロにお願いをすることがおススメです。

だんぜん仕上がりが違います。

気泡が残りませんので見栄えが綺麗ですし、サイズも窓に合わせてピタリと仕上げられます。

中途半端な施工をすると、劣化が早くなったり性能を十分に発揮できませんので、ぜひプロに依頼をされて下さい。

 

弊社は福岡を中心に九州・山口までカバーしております。

もしこのエリア外でご希望でしたら、近くの優良な業者を紹介いたします。

 

ご不明な点やご質問がありましたら、遠慮なくお問い合わせくださいませ。

 

 

性能の根拠など

 

フィルム

弊社取り扱いのフィルム全般は日本産業規格 JIS A 5759 に定められるガラス用フィルムの基準に準拠しています。

 

施工技術

国家資格「建築用

 

参考までに養生テープと飛散防止フィルムの性能を比べた試験動画もありますので、こちらもご覧ください。

 

【参考動画:3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム 衝突安全性実験(養生テープとの比較)

 

【関連記事:「窓フィルムVS養生テープ」窓ガラスの台風対策、衝撃の結果!

 

 

施工実績

 

2020年度実績(遮熱目的/全施工件数)

個人 106件/158件

法人 20件/46件

・・・Harumado実績

 

 

主な遮熱フィルム一覧

3M

Nano40s・70s・80s・90s

シルバー18・35

アンバー35・アンバー35LE

スモーク5・20・35

LOW-E20シルバー

防犯フィルムNano・シルバー・マット

サンゲツ(クレアス)

ルーセント90

コア70

ビスト65

低放射エコリム70

ミラー20・40

GLAFIL

RSP15・35・35LE

NS60・70・70LE

 

 

■Harumadoの取り扱いフィルム

 

飛散防止フィルム

防災フィルム

防犯フィルム

UVカットフィルム

高領域UVカットフィルム

目隠しフィルム

遮熱フィルム

断熱フィルム

反射低減フィルム

防虫フィルム

抗菌抗ウイルスフィルム

デザインフィルム

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.