ブログ一覧


目隠しできて室内は明るいフィルムの選び方【国家資格1級ガラスフィルム施工技能士が解説】

ミラーは景色重視、すりガラス調は完全目隠し。

この記事を読むための時間:5分

窓ガラス目隠しフィルム見え方

 

パパっと判断できる比較サイト

こんにちは!窓ガラスフィルム専門Harumadoの平井です。

今回は目隠しフィルムのあれやこれについて、わかりやすく記したいと思います。

 

目隠しフィルムは室内が暗くなる?

「隣のお家から室内が丸見えで目隠しをしたい」

「歩道からリビングが近くて視線を感じる」

「リモートワークで資料やパソコンを窓から見られないようにしたい」

 

でも・・・

 

「室内は暗くしたくない」

 

目隠しフィルムを貼ることで室内が暗くなってしまいそう・・・と心配になるのは、とても自然なことだと思います。

実はそれ、ドンピシャあてはまる心配事でして、実際にフィルムを貼ると室内に入る太陽光がある程度遮られるのは事実です。貼るフィルムの種類によっては暗さを感じることもあると思います。

 

ほんとは明るい目隠しフィルム

しかし、近年はホームセンターやインターネットでも手軽に買うことができるようになるなど、「明るい目隠しフィルム」もたくさん出てきています。

 

目隠しフィルムは本当は明るい!

と声を大にして言いたいのですが、種類が多い分どれを選べばいいのか迷ってしまうこともありますよね。

 

サンプルの画像を見ても所詮はサンプル、実際の施工のようなリアリティはないし、ましてやフィルムのデータ(光学性能)を見てもなにがなんだかさっぱりわからない・・・。

 

「もー、パパっと判断できる比較サイトか何かないのか!?」

 

ということで、この記事では、国家資格「ガラスフィルム施工技能士1級」を持つ職人が、年間施工件数200件超の経験と知識の蓄積を基に、目隠しフィルムの特徴と選び方を分かり易く簡潔にお伝えしたいと思います。

 

出来る限りサーっと読める内容にまとめたつもりですが、分かりにくいことがありましたら遠慮なくご質問くださいね(^^)

 

施工実例でご紹介

「目隠しフィルムの種類はとても多い」と記しましたが、大別すると

 

①ミラー/外から室内が見えず室内からは外が見たい

②すりガラス調/徹底した目隠しと明るさを調整したい

③グラデーション/はっきり隠す部分と眺めたい景色のバランスをとりたい

 

以上の3種類に集約されます。順に実際の施工例をご紹介しながら説明をしたいと思います。

 

①ミラータイプ/外から室内が見えず室内からは外が見たい

 

特徴

・外から見ると鏡のように見え、室内から外を見ると風景が見える。

・大きく2種類「濃色タイプ」と「淡色タイプ」がある。

 

■濃色ミラーフィルム施工例

●室内側

目隠しフィルムミラーフィルムの見え方

<施工前>一般的なLow-Eペアガラス

目隠しフィルムミラーフィルムの見え方

<施工後>施工前と比べて壁と床の明るみがやや減った

 

●外側

目隠しフィルムミラーフィルムの見え方

<施工前>室内の細かな様子が丸見え

窓ガラス 目隠しフィルム 福岡市早良区 施工実績

<施工後>見えるのは隣家の様子で室内は全く見えない

 

■淡色ミラーフィルム施工例

●室内側

シルバーフィルム内側施工前

<施工前>一般的なペアガラス

目隠しミラーフィルムの見え方

<施工後>注意して見なければフィルムを貼っていると分からないくらい明るい

 

●外側

シルバーフィルム外側施工前

<施工前>室内の家具等の様子がよく見える

福岡市南区窓ガラス目隠しフィルム施工

<施工後>見えるのはガラス近くの白いカーテンくらい

 

ところでミラーフィルムは夜になると室内外の見え方が逆転し、外から室内が見えて室内側は鏡のようになります。そのため夜はカーテン等を閉めて目隠しをして下さい。日中の景観を重視される場合に適しています。

 

②すりガラス調/徹底した目隠しと明るさを調整したい

 

特徴

・不透明なので内外どちらからも見えない。

・大きく3種類「濃色」「中間」「薄色」がある。

・視線だけでなく人の全体像もみえにくくなるフィルムもある。

 

■薄色すりガラスフィルム施工例

すりガラスフィルム見え方

<施工前>外の様子がくっきりと見える

すりガラスフィルム見え方

<施工後>目線は気にならないくらいにさりげなく目隠し。明るさを重視。

 

■中間色すりガラスフィルム施工例

すりガラスフィルム見え方

<施工前>至近距離に隣家がある

すりガラスフィルム見え方

<施工後>ぼやーっと建物の輪郭が見える程度に目隠し

 

■淡色すりガラスフィルム施工例

すりガラスフィルム見え方

<施工前>広い開口部から室内が丸見えの状態

<施工後>至近距離の駐車場の様子が全く感じられないほどしっかりとした目隠し

 

③グラデーション/はっきり隠す部分と眺めたい景色のバランスを取りたい

 

特徴

・大きく2種類

・端から端へと次第に濃く(薄く)なる「サイドグラデーション」

・中央付近が最も濃く端に進むと薄くなる「センターグラデーション」

 

■サイドグラデーション施工例(縦使い)

窓ガラスグラデーションフィルム見え方

<施工前>新築の隣家が2階までよく見える

窓ガラスグラデーションフィルム見え方

<施工後>最下層を覗いてほぼ目隠し状態

 

サイドグラデーション細部

窓ガラスグラデーションフィルム見え方

最下層は庭木を鑑賞するために薄い方向を向けた

 

上記のようにサイドグラデーションは端から端へと段々と色が濃く(薄く)なります。

濃度の変化はドッドで表現されていて、お好みに合わせてドッドの柄(丸・線・菱形等)を選ぶことができます。

また、フィルムには幅の限界があるので、100%の濃度を長くしたい場合は同じ色のすりガラスフィルムを使って延長します。

 

■センターグラデーション施工例

●室内側

窓ガラスグラデーションフィルム見え方

<施工前>隣家がよく見える大きさの窓

窓ガラスグラデーションフィルム見え方

<施工後>ガラス中心部から若干上にずらして施工

 

●外側

窓ガラス目隠しグラデーションフィルム見え方

<施工前>丸見えの室内

窓ガラス目隠しグラデーションフィルム見え方

<施工後>濃度100%は座った高さと立った高さの目線付近

 

既成の製品幅でガラス全体をカバーできない時は、透明のフィルムをジョイントで貼ることでガラス全体を覆うことができます。

 

一覧でまとめて比較

以上が目隠しフィルムの大枠の3種類です。

これらを図でまとめると

 

目隠しフィルムの特徴一覧

 

採光の割合は窓から入る太陽光を100%とした場合の数値です。数値の違いはそれだけ種類が豊富ということで、数値が小さいほど太陽光を通し、大きいほど遮ります。遮るほどに明るさが失われますが、実際にフィルムを貼ってみると「思った以上に暗くない」や「サンプルで見るより明るく感じられてよかった」と言われるお客様がほとんどです。

 

似て非なる「目隠しっぽい」フィルム

 

「あれ?車のスモークフィルムのようなものも、目隠しができるよね?」とお気づきでしたら、それはとてもするどい!

グレー系やブラウン系など、色の濃いスモークフィルムは車だけでなく建築用にも種類が揃っています。

スモークフィルムは室内側に影を作ることで一定の目隠し効果が得られることもあります。が、ミラーフィルムのような明確な反射性は無く、すりガラスフィルムのように濃度100%ではないため、室内が見えてしまうことがあるのです。

そのため「目隠し」というよりも、装飾目的の使われ方が多いのが現状でして、訪問先で実物のサンプルフィルムをガラスにあててご覧いただいても、最初に「見えるね」と言われることが多いです。

目隠し効果が無いとは言えないけど、見えるのも事実。という微妙な立ち位置のため、今回はスモークフィルムを外しています。

ただ、フィルムの開発は常に進んでいますので、今後目隠し性能が高いスモークフィルムが出るかもしれません。そうなると選べる種類がさらに広がりますので、今後に期待したいと思います。

 

現地調査とサンプルで見た目を確認

 

ここまで長々と目隠しフィルムのことを説明してきましたが、参考になりましたでしょうか?

目隠しフィルムの目的は、なんといっても「見た目」と「明るさ」ですよね。施工をご検討中でしたら、弊社では必ず実物のサンプルフィルムを持参して現地調査にお伺いし、見た目と施工実例の画像をご確認いただき、ご納得いただいた上で施工に入るようにしております。

その際に窓のサイズを測りましてお見積りもお示しいたします。ご不明な点はどんなことでも遠慮なくご質問いただけましたら、しっかりとお答えしますので、まずはお気軽にご連絡くださいませ(^o^)

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.