ブログ一覧


あなたは知ってた?窓ガラスフィルムの種類とその数について

窓ガラスフィルム 種類

あなたは知ってた?窓ガラスフィルムの種類とその数について

この記事を読むための時間:3分

皆さんは窓ガラスフィルムというのはご存知ですか?部屋の模様替えや様々な機能を与えてくれますが、種類も様々です。せっかく施工するなら要望やお部屋の状況に応じて最適な窓ガラスフィルムを選びたいですよね?今回は窓ガラスフィルムとその種類について紹介していきます。よろしければ是非、ご参考にしてください。

窓ガラスフィルムとは?

窓ガラスフィルムとは、窓にガラスフィルムを貼付けすることで、様々な効果が得られます。複雑なものでなければ自分で施工できるタイプも多く、簡単に貼付けできるので実際に使用している方も多くいらっしゃいます。

窓ガラスフィルムのメリット

窓ガラスフィルムのメリットとして、安価で部屋の模様替えや断熱、保湿効果に加えてエアコンなどの空調費の節約が出来ます。他にもガラスが割れた際の飛散防止効果もあるので防災対策にも繋がるなど様々なメリットがあります。

 

窓ガラスフィルムの種類

窓ガラスフィルムにはいくつかの機能ごとに種類があります。機能に合わせて施工すれば部屋がより快適な空間になります。代表的なものを紹介していきます。

日射調整フィルム

夏季の窓付近は温度が60度~70度以上になり、冷房も効きづらくなるのでエアコンなどの電力消費が上がってしまいます。日射調整フィルムなら太陽からの日射熱を反射、熱吸収し室温の上昇を抑制することで冷房効率を上げます。電力消費を抑える役割もあるので省エネフィルムとも言われています。

飛散防止フィルム

地震や台風などの強い衝撃で割れてしまったガラスは飛び散って二次被害に繋がる可能性があります。万が一のために備えていただくには飛散防止フィルムをお勧めします。ガラスが破損してもフィルムの粘着層がガラスに密着し、破片の飛散を防ぎます。災害や事故によるガラスに二次被害リスクを大幅に減らせるので安全な環境を作る事ができます。

目隠しフィルム

目隠しフィルムを窓ガラスに貼ることで明るさを保ちつつ手軽にプライバシー保護ができます。一軒家の二階やマンションの高層階などに住まわれる方は、外の道路から部屋の中が丸見えになるなど、自身のプライベートが見られているように感じて頭を悩ませる方々はたくさんいます。目隠しフィルムは、サングラスのようなカラーリングタイプや反射して視線防止するミラータイプなど用途によって選ぶことができ、窓ガラス以外のドアや間仕切りガラスなどにも使用出来たり、あらゆる窓ガラスの視線カットに使え、プライバシーを守る事にも役立ちます。

 

窓ガラスフィルムの貼り方

窓ガラスフィルムの貼り方は基本的な方法があり、道具と正しい手順で行なえば自分で施工することも可能です。業者に施工をお願いすることも可能で、窓ガラスフィルムの種類や数に応じて検討してみると良いでしょう。

 

窓ガラスフィルムの貼り方 自分で行う場合

窓ガラスフィルムを自分で行なう場合は、キチンと道具を揃えて手順を守りながら丁寧に行ないましょう。使用する石鹸水や霧吹きなどの道具はホームセンターなどで安価で安く手に入るので、コストは安く済みます。

可能であれば、複数人で施工するのをオススメします。

窓ガラスフィルムの施工を業者にお願いする場合

モノによっては個人で施工するのは扱いが難しい窓ガラスフィルムも存在します。業者であれば要望に沿って完璧に仕上げてくれるので安心です。ただし自分で施工するよりもコストは大幅にかかるので、節約したい場合はじっくり計画して貼付けする窓ガラスフィルムは本当に必要な施工かどうか考えて決めましょう。

 

まとめ

窓ガラスフィルムは種類に応じて様々なメリットがあり、お部屋の模様替えからプライバシー保護、室内温度管理など機能も豊富です。もし悩んでいる方は、簡単に施工できるタイプから一度試してみて効果を実体験してみても良いのではないのでしょうか?

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.