ブログ一覧


窓ガラスのフィルムを綺麗に貼るコツとは?

窓ガラスフィルム 貼り方

 

窓ガラスのフィルムを綺麗に貼るコツとは?

この記事を読むための時間:3分

外からの目隠しや、もしもの時の飛散防止、商品によっては気になる紫外線をカットしてくれる窓ガラスフィルム。そんなガラスフィルムですが、初心者の方には自分で貼る作業は少々難しく、「本格的に貼りたい!」「もっとキレイに貼りたい」と考える方もいるかと思います。そんな方のために今回は窓ガラスフィルムの綺麗に貼る方法を解説していきます。よろしければ是非、ご参考にしてください。

窓ガラスフィルムとは?

そもそも窓ガラスフィルムとは、名称のとおり窓に貼るフィルムのことです。窓にフィルムを施工することで様々な効果を得れます。

窓ガラスフィルムの効果

窓ガラスフィルムの効果として次のような効果を期待できます。
主に紫外線を防いだり、プライバシーの保護のため室内が見えないようにするために用いられています。また、万が一窓ガラスが割れた場合でもガラスが飛び散ってケガをするリスクをなくせます。手軽に施工できるので、紫外線対策やプライバシー、防犯対策に活用する方が増えてきています。

窓ガラスフィルムは貼るのが難しい?

初めて窓ガラスフィルムを貼ろうとして失敗したり、難しいと感じてしまう原因は、上手く貼るための道具の準備や手順の誤りによるものが多いのではないでしょうか。
しかし手先があまり器用ではないという方でもしっかり知識を身に付けておけば、決して難しくはありません。

窓ガラスフィルム貼り方のコツ

それでは窓ガラスフィルムを上手く貼るためのポイントを解説していきます。

①楽に綺麗にはるための道具をキチンと揃える

窓ガラスフィルムを綺麗に貼るために道具はキッチリそろえましょう。

・メジャー

・ハサミ(またはカッター)

・結露取りワイパー

・石鹸水入り霧吹き

・雑巾

・その他、ゴムベラや養生テープがあると便利です。

②手順を守り、気泡をしっかりなくす

貼り方は以下の工程になります。可能であれば一人より二人など複数人で分担してやるとスムーズです。

1.雑巾などで窓をふき、ホコリをとりましょう。

2.窓ガラスフィルムを測って切る。窓のサイズより2cmくらい長めにカットしておくのが良いです。

3.ガラス全面に石けん水を入れた霧吹きを噴射し、ガラス面の汚れをスキージーやゴムベラなどで、上から順に洗い落とすように取り除きます。ガラスの綺麗さが仕上がりの差に影響します。念入りに掃除しましょう。

4.角から中心に向かうように、かつ上から下に向かって貼ります。貼る順番は大きな面を先に貼った後、端の継ぎはぎ面を貼っていきます。上部を養生テープで留めながら作業するとやりやすくなります。

5.窓ガラスフィルムが重なった場所はハサミで切ります。

6.シート面に大きな気泡がどうしても出来てしまうので、手のひらやワイパーで平らに伸ばしていきましょう。

 

窓ガラスフィルム貼るメリット・デメリットについて

窓ガラスフィルムにはそれぞれメリット・デメリットがあります。それぞれ解説していくのでご参考にしてください。

窓ガラスフィルムのメリット

窓ガラスフィルムのメリットとしては、住んでいる住宅によって窓の向きや位置で外からの視線が気になることもあります。高層階でも近隣の建物から見えてしまう可能性もあります。窓ガラスフィルムは外からの視線を遮って、プライベート空間である家の中を安心してくつろげます。また、遮熱効果などの機能性フィルムを貼ればさらに快適な空間を作り出せます。

窓ガラスフィルムのデメリット

ガラスフィルムを貼るイニシャルコスト(初期費用)がかかります。また、持っている機能の効果が落ちたり、紫外線や気温、結露などによって劣化すると貼り替えが必要です。透明度の低いガラスフィルムを窓全面に貼ると、視線防止の分、外の様子・景色が伺えない状態になります。

まとめ

窓ガラスフィルムを綺麗に貼ることは、決して難しくありません。必要な道具を正しい手順で使いながら貼れば、誰でも可能です。窓ガラスフィルムの効果、メリットとデメリットを理解して必要な箇所に必要な分だけ貼り付けしましょう。綺麗に貼る事ができれば、お部屋がよりお気に入りの空間になったり、部屋の雰囲気を大きく変えながら機能的にしたりする事もできるかと思います。それでもお困りの方は是非一度、お気軽にお問合せください。

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Genkibaiカンパニー. All rights Reserved.